ホーム>サカモトケイコBLOG>2017年11月
ビーズキットと楽しいビーズ教室 beads cafe

2017年11月

シンプルなブレスを連結して着ける

20171115114021.jpg

カフェが好きです。
そこで静かな時間を過ごす
お洒落な女を眺めるのが好きです。

そんな素敵なマダムになれる日をめざして
「作って着こなす」をモットーに
ハンドメイドアクセサリーの楽しみ方を
beads cafe サカモトケイコが綴ります。

 

…………………………………………………………

 

20171115115120.jpg

水玉ドットのブレス&ピアスorイヤリング

 

 

先日UPした、水玉ドットのブレスと相性が良くて

私もよく重ねて着けているのが、

ブラスラインボールのオールノットブレス

 

20171115115341.jpg

 

これ、どちらも同じマグネットのクラスプが付いているので、

それぞれのS極とN極をくっつけると、

2連のブレスになります。

 

ぶら下がったレクタングルビーズと

タッセルがひとつにまとまって

良い感じに。

 

20171115115813.jpg

ネイビーのタートルネックに

ネイビーのデニム。

手首にたくさん重ねて

楽しんでいます。

 

いちばん上のバナーに使った画像は

2015年に訪れたパリのボンマルシェ内にある

ローズベーカリーでのワンショットです。

 

 

 

 

「サーミの血」とブレスレット

 

なんと!1年2か月ぶりのブログです。

まだ見てくれている人いらっしゃるかな?

 

さて。

先日ちょっと気になる映画を観ました。

 

2017119194614.jpg

「サーミの血」

SAMI BLOOD

 

というのも、今年に入ってから

サーミ族の伝統的なブレスレットづくりを

教えていただく機会があり、

はて、サーミ人ってどんな人たちなんだろうと

興味を持ったのがきっかけ。

 

201711921107.jpg

STORY

忍び込んだ夏祭りで、あなたに恋をした―私を連れ出して

 

 

 

 

1930年代、スウェーデン北部の

ラップランドで暮らす先住民族、

サーミ人は差別的な扱いを受けていた。

サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女

エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、

教師は「あなたたちの脳は

文明に適応できない」と告げる。

そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして

忍び込んだ夏祭りで都会的な少年

ニクラスと出会い恋に落ちる。

トナカイを飼いテントで暮らす生活から

何とか抜け出したいと思っていたエレは、

彼を頼って街に出た――。

 

 

 

 

 

↑ これが公式サイトに書かれているあらすじですが

少々おセンチがすぎるかな?

恋の要素はもっと薄かったように思います。

 

ムーミンの原作の話を知った時のように

北欧のダークサイドを見た気がしました。

 

日本でもアイヌ民族の問題がありましたが

まさに同じようなことが

北欧でもあったんですね。

 

映像に透明感があって美しい分、

内容の悲惨さをより冷たく

表現していたように思えました。

 

2017119195538.jpg

 

サーミ人は、北欧のラップランドと呼ばれる地域で

主にトナカイを放牧して生活している民族で、

このブレスもトナカイの革や

角を加工してつくったボタンなどが

使われています。

 

サーミ人がその価値を大切にしている

ピューター(錫)を

トナカイの革に刺繍して作るブレスと

幅広の革に穴をあけてそこに白い紐を通すように

刺してつくるブレス。

この技法はカレリア刺繍と呼ばれているそう。

 

生活に密着した

必然の中に生まれるデザイン。

今、気になって仕方ありません。

 

 

ページ上部へ