ホーム>ビーズカフェブログ>ブログ作品展
ビーズキットと楽しいビーズ教室 beads cafe

ブログ作品展

beads cafe レッスン ブログ作品展⑥「梅が咲く庭園のホテルにて」「初心」

 

beadas cafe

オリジナル作品レッスンで

出来上がった生徒さんの作品の

ブログ展覧会 その⑥です。

その⑤はこちら

2017117193448.jpg

 

たかこ・Kさん(ヴォーグ学園東京校)

「梅が咲く庭園のホテルにて」

201729104317.jpg

冬から春にかけてホテルのレストランで

友人達との食事会。

春のウキウキした気分をネックレスに表現してみました。

反省点としては丸いボールのかたまりだけだと

隙間があって気になったので

ブルーの花が箱に入っていたのでつけてみました。

いい感じに埋まりましたが

かなりブルーだけめだちすぎたかなと思います。
 

 

こういうレッスンのときに

mass(塊)を表現するのに

皆さん苦労されるのですが

これはとてもよくまとまっていますね。

ブルーの花が目立ち過ぎたという

反省点でしたが、

こうやってみると

そんなに悪目立ちしているようにも

見えないと思います。

ブルーの花の数が

現在6個ですが

あと1個減らして、

奇数の5個にするだけで

ずいぶん印象が変わるかもしれません。

 

上のmassと、下にぶら下がった

メタル風パーツの大きさ、

重さのバランスが素晴らしいです!(K)

 

 

2017117193448.jpg

 

 

Yoshiさん(ヴォーグ学園横浜校)

「初心」

 

 

 

201729105253.jpg

1.When   普段

2.Where 通勤 職場等で

3.Who  自分

4.What  ネックレス

5.Why   他の人と一味違う雰囲気にしたい

 

初めて個人で作った作品なので

反省ばかりですが、何とか形になり嬉しい限りです。

次回作る際は、もう少し基礎を学び、

技法を身につけてから取組みたいと考えています。

 

 

今期、全くの初心者の状態で

教室に来られたYoshiさんですが

毎回とても真摯な態度で

デザインと取り組んでくださっています。

 

今回もまだ技法も何も知らないうちに

オリジナルで作ることになってしまいましたが

そんな中でもこんなに洗練された

ネックレスが生まれたのは

そもそもお持ちの感性の

おかげでしょうか。

 

制作する前の目的や

プランなども明確で

ご自分の日々の暮らしに

ぴったりと合ったネックレスに

なりました。

 

ビーズも種類があれば良いというものでもなく

技法だってシンプルなペンチワークだけで

こんなにお洒落な作品に仕上げられる様子に

立ち会って、私も感動しました!

 

2017291111.jpg

ちなみに作品の撮影方法にもお悩みだったので

教室の片隅で一緒に撮影してみました。

朝の自然光でなるべく逆光にし、

レフ板を使うだけで

かっこよく写すことができますよ。(K)

 

201711717627.jpg

 

201722165336.jpg

→各校2017年度 4月期生募集スタートしました!

 

 

 

 

beads cafe レッスン ブログ作品展⑤「深夜1時」「夏と秋の海」

 

beadas cafe

オリジナル作品レッスンで

出来上がった生徒さんの作品の

ブログ展覧会 その⑤です。

その④はこちら

2017117193448.jpg

 

M・Sさん(ヴォーグ学園東京校)

「深夜1時」夜の新宿

20172617485.jpg

新年

パーティーに

自分

ネックレス

華やかに

 

初心者のM・Sさん。

まだ技術力が追いつかずということですが

「深夜1時」(夜の新宿)というタイトルの

付け方から見ても

良いものをお持ちだと

私は思っています。(笑)

 

素材選びも

お若い方の華やかな雰囲気がいっぱいですね。

 

恐らくご本人は実際に身に着ける

シチュエーションをタイトルにされたんだと

思いますが、

 

夜の新宿25時を

パーティー帰りに千鳥足で

ブラブラする・・・そんな

ほろ酔い気分が

ビーズラインのゆるゆるした

雰囲気と相まって

今回の制作は成功と言えるのでは?(K)

 

2017117193448.jpg

 

Pretty aliceさん(ヴォーグ学園東京校)

「夏と秋の海」

201726175731.jpg

夏から秋

自分

ピアス&ブレスレット

髪が風になびいた時に耳元がさびしいので

移りゆく季節の海の色を表現したい。

パーツの使い方等がわからず

ひとまずここまで。

 

こちらも全くの初心者のPretty aliceさん。

どうやって作るかわからないけど

とにかくやってみよう!という

気概が素晴らしいです。

 

それで作品もイメージ通りの仕上がりになったのでは?

一方はフープの軸に

直接ビーズを通して。

こちらは「秋」でしょうか?

 

そしてもうひとつは、Tピンで

パーツをぶら下げて。

こちらはきっと「夏」ですね。

 

制作中の作品をよく見ながら

それと対話して、

次どうしたらよいかを考える

という訓練をするとよいと思います。

技術的なことは今度のレッスンで

ゆっくりお教えします。(K)

 

201711717627.jpg

201722165336.jpg

→各校2017年度 4月期生募集スタートしました!

 

 

 

 

beads cafe レッスン ブログ作品展④「冬の森」シリーズ

beadas cafe

オリジナル作品レッスンで

出来上がった生徒さんの作品の

ブログ展覧会 その④です。

→その③はコチラ

 

2017117193448.jpg

 

Syokoさん(ヴォーグ学園東京校)

「凍てつく冬」(冬の森のイメージ1)

201726172143.jpg

ビーズは(ビーズボックス以外のものを)一切足さず、

あるものだけでなんとか工夫してみました。

・when 冬に

・where 外出時

・who  私が

・what  ネックレス(ショートとロング)、ブレスレット、イヤリング

・why    タートルネックの首周りを華やかにするため

・how  シルバーのピンを使用し、冬らしいメタリックで冷たい雰囲気に仕上げる

 

・アピールポイント 

ショートネックレスとイヤリングは

竹ビーズで凍った小枝をイメージしました。

ロングネックレスはトップの歪んだ楕円ビーズから、

森の中の凍った湖を連想し、

ポイントに水色のコインビーズを1個だけ使用。

ラップブレスは透明感のある竹ビーズを選び、

霜柱に見立てました。

 

 

バランスや緩急の付け方など

どれも大変完成度の高い

プロっぽい仕上がりになりましたね。

「見立てる」という言葉がありますが

ビーズから何かを作ろうと

いうときにとても重要な

考え方ですね。

 

一粒のビーズの中に

何を見立てるか。

何を感じるか・・・

というのとても大切だと思います。(K)

 

 

 

晴れた冬の朝に森を散歩」(冬の森のイメージ2)

201726173046.jpg

 

同じく『冬の森』ですが、

『凍てつく』というよりは『晴れた冬の朝に森を散歩』という

真逆の爽やかなイメージで制作しました。

ショートネックレスは初め一連で仕上げたところ、

チェーンが細めだったため寂しい仕上がりに。

そこで2連に変更したところリズミカルになり、

まさに『散歩』のイメージピッタリに。

 

ロングネックレスは左右のビーズを非対称にし、

ブレスレットはネックレスの線が細めなので

少し太めの2連にしました。

 

ブローチはコインビーズでお花を作り、

『散歩中に雪の中で見つけた一輪の花』という設定です。

使用したビーズが淡い水色中心だったので、

色が飛んでしまい写真撮影が上手くいかなかったのが残念です。


 

淡いブルーグリーンのビーズを中心に

春の息吹をほんのり感じる季節を

うまく表現されていますね。

先にビーズの組み合わせから

自分なりの世界観をきちんと設け、

制作中の作品と対話しながら

細かくデザインを変化された様子、

とても素晴らしいです!!

 

お料理といっしょで

塩をもう少し足してみたら

こうなるだろう、

チェーンを2重にしたら

どうなるだろう・・・と

想像しながら制作することの

大切さをよくわかっていらっしゃいます!(K)

 

まだまだ続きます・・・

 

201711717627.jpg

201722165336.jpg

→各校2017年度 4月期生募集スタートしました!

 

beads cafe レッスン ブログ作品展③「美術館へpart1.2」「貝がら」

 

beadas cafe

オリジナル作品レッスンで

出来上がった生徒さんの作品の

ブログ展覧会 その③です。

→その②はコチラ

 

2017117193448.jpg

 

M・Mさん(ヴォーグ学園東京校)

「美術館へ Part1」


201725143327.jpg

休日に美術館へ行くときに

アートな気分を盛り上げるネックレスです。

ボリュームがあり、よく光りますが、

渋めの色味とアンティークっぽい質感で、

シックめに仕上がっています。

 

色・形・大きさが様々なビーズたちを

テグスで編みました。

バランスを見ながらビーズを並べ、

多少飛び出したりでこぼこしていても

アートだと気にせず編み進めました。

ただ、仕上がってみると、

やっぱりこうした方が良いというところが出てきて、

何度か作り直しました。

 

 

ミックスされたビーズを

どうデザインしようかと

レッスン時にマットの上に

いろいろ並べ、

こんな風に幅広にするには

ランダムに編み込んでみてはどうだろう

と意見を出し合い、

出来上がった作品です。

最初のプラン以上に

想いとぴったり決まった作品を見て

私も感無量です。(K)

 

 

 

「美術館へ Part2」

 

201725145026.jpgPart 1 と同じく、

休日に美術館へ行く想定で、

こちらはモダンアート系です。

全長120センチのネックレス兼ブレスレットです。

箱の中のシードビーズの取り合わせが綺麗だったので、

そのままテグスに通しました。

色や形の並びでリズム感が出るようにしました。

お揃いのピアス付きです。


 

シンプルにまっすぐテグスに通した

竹ビーズやシードビーズ。

こういうのは、無理にデザインしなくても

こんなラフな作り方が

合うものです。(K)

 

 

 

「貝がら」

 

201725145555.jpg

夏に海に行くときのためのカジュアルなネックレスです。

海のイメージでシンプルに仕上げました。

 

 

海の底のような

ティールブルーとブラウンを

リズミカルにつないだネックレス部分が

なんとも美しいラインで

陶器でできたペンダントヘッドを

より引き立ててくれていますね。

元々、沢山の作品を作られていて

技術的には問題のない

ベテランカフェージョのMさんですが

何だかぐっとデザインの引き算のようなものを

身につけられたように

思います。

自分の想いと作品が

ものすごく近づいて来られましたね。(K)

 

まだまだ続きます・・・

 

201711717627.jpg

201722165336.jpg

→各校2017年度 4月期生募集スタートしました!

 

 

 

 

beads cafe レッスン ブログ作品展② 「緑と白のネックレス」「緑と黒の首飾り」

 

beadas cafe

オリジナル作品レッスンで

出来上がった生徒さんの作品の

ブログ展覧会 その②です。

→その①はコチラ

 

2017117193448.jpg

 

Y・Yさん(ヴォーグ学園東京校)

「緑とシルバーのネックレス その1」
春へ  雪どけの輝きのイメージ


201725132254.jpg

3月友人と金沢へ小旅行のときにつけたい

華やかさをそえる

中央の緑のビーズを縦にしてもつけたいので

マンテルと丸カン、チェーンで

全体のバランスかとれるようにしました。

ビーズボール(可愛い)

3個仲間入り

和みをもたせました。

 

20172513278.jpg

 

美しいグリーンとすりガラスのような白、

そしてそれを引き立てる

シルバーとブラウンの組み合わせが

大人の上品な爽やかさを

表現していると思います。

ビーズボールの効果もばっちり。

かわいらしいクラフト感を

プラスしていますね。

ビーズの重さのバランス感が

素晴らしいと思います。(K)

 

 

 

「緑とシルバーのネックレス その1」
春へ  雪どけの輝きのイメージ

 

201725133535.jpg

 

「緑と黒の首飾り             その2」

四季  緑の物語(楽しい首飾り)のイメージ

 

近所の図書館や珈琲屋さん、用事周りにつけたい

* ビーズ弁当の色々な緑のビーズを使う。

*  見ても楽しい作品にしたい。

*  つけた時首の横に緑のビーズ(四季のイメージ)がくるように配置しました。

*  フェルトに厚みをもたせて、少し反らせるようにしました。

*  中央のシルバーは水、雨、空のイメージで使いました。

*   ビーズの配置に悩みました。

*   ひきざん を意識しました。

 

イメージを形にすることも、技術も 伴わないので試行錯誤しました。

じっくりとビーズと向き合う時間はとても楽しい時間でした。

月に1度ですがたくさんの刺激をいただいております。

今年も楽しく教室に通います。

よろしくご指導お願いいたします。

 

 

メインとなるフェルトに刺した

ビーズのモチーフと

それをつないでいるネックレス部分の

バランスがとても良い作品ですね。

また、撮影の木肌の台や

白いお皿、さりげなく添えられた

グリーンの葉っぱなどが

作品全体の雰囲気を

より明確に表現していて

とても良い画像なので

今回の作品展のバナーにも

使わせていただきました。

 

いつもレッスンでは

大変悩みながら作品づくりを

されているY・Yさんですが

今回のように試行錯誤の上、

きちんと自分の想いを表現されていて

その楽しみながら努力されている様子が

素晴らしいなと思います。(K)

 

その③に続く・・・

 

201711717627.jpg

201722165336.jpg

→各校2017年度 4月期生募集スタートしました!

 

 

 

 

beads cafe レッスン ブログ作品展① 「クールウィンター」

201722165336.jpg

beads cafeが各地で開催しているレッスン各校合同で

オリジナル作品づくりの

レッスンを行っています。

201713115242.jpg

さまざまなパーツや紐が入った

ビーズボックス(通称:ビーズ弁当)を元に

自分の想いを形にしました。

 

今日から、4月ぐらいまでに渡り、

完成して画像を提出してくださった

生徒さんの作品を

ブログ上で発表し、

皆さんで鑑賞したいと思います。

 

2017117193448.jpg

 

E・Mさん(ヴォーグ学園横浜校)

「クールウィンター」
冬のキリッとした寒い朝


2017221751.jpg20172217550.jpg 20172217620.jpg20172217642.jpg

 

1When➡毎日

2Where ➡職場

3Who➡私が

4What➡ネックレス、ブレス、ピアス

5Why➡オシャレにしたい

1How➡スタイリッシュ、シンプル

 

 

トップバッターは

レッスン後、早々に

しかも4連作で提出された

E・Mさん。

 

クールウィンターを

抑えた色合いと

シンプルなフォルムで

表現されています。

 

全体としてはシンプルなのですが

細かいところに

手が込んでいて

(リボンの先端にもビーズをぶら下げるなど)

美は細部に宿ると言いますが

まさにそれを体現されていますね。

 

実際に身に着けたスタイルも

ぜひ見たいと思わせる

アクセサリーたちです。

 

 

その②に続く・・・

 

201711717627.jpg

 

201638145933.jpg→各校2017年度 4月期生募集スタートしました!

 

 

 

 

 

 

 

みんなのボヘミアン① ~ヴォーグ学園横浜校

 

⇒いよいよヴォーグ学園 東京・横浜校
2016年10月期の募集スタートしました!

(満席の場合でもCXL待ちにお名前をお入れください。
席が空き次第ご連絡さしあげます。)

 

2016731125910.jpg
ヴォーグ学園横浜校のレッスンで行った

ボヘミアンブレスレット

仕上げてきてくださった皆さんの

作品をご紹介します。

 

20167311328.jpg

 

レッスンでは、革紐や

アクセントとなるビーズを

ご自分で選んでいただきました。

例えば、アイボリーのベースでも

革紐を濃い色にしただけで

ぐっと雰囲気が変わります。

 

また同じラダーワークということで

初心者の方は

スクエアビーズのラップブレスを作った方も。

 

この2本を重ねて着けても

ゴージャスなイタリアンマダムみたいで

素敵ですよ。

 

 

201673113719.jpg

 

この日は、教室の目の前にある

横浜スタジアムではオールスター戦の真っ最中!

歓声が聞こえてきそうな

盛り上がり!

 

201673113758.jpg

そして夜は近くの山下公園の

花火大会。

 

201673113926.jpg

 

夏まっさかりの中のレッスンでした。

また来月♪

 

鉛筆書きライン素材/透過png (a1.png - 400x25)

 

beads cafeのレッスン一覧

 

2016316123549.jpg

⇒いよいよヴォーグ学園 東京・横浜校
2016年10月期の募集スタートしました!

(満席の場合でもCXL待ちにお名前をお入れください。
席が空き次第ご連絡さしあげます。)

 

 

 

みんなのラリエット③ ~ヴォーグ学園東京校木曜クラス&NHK学園市川オープンスクール

その①その②に引き続き

生徒さんたちのラリエット作品の

ご紹介です。

 

ラストを飾るのはヴォーグ学園東京校木曜クラス

NHK学園市川オープンスクールの皆さん。

 

201672584654.jpg

201672584751.jpg

こちらも力作揃い。

ひとつひとつの作品にテーマがあります。

自分の想いを形にすることができたでしょうか?

 

…………………………………………

 

そんな中で、小さな、

でもとびきり素敵な工夫をされた方も

大勢いらっしゃいました。

その中からいくつかご紹介したいと思います。

 

2016725175320.jpg

↑ ビーズボールに竹ビーズを入れちゃった方。

わお!

初心者ならではのその大胆さに

センパイ方もびっくり!

でも、とっても大らかでアーティスティックですねー!

かわいいー!

 

2016725175737.jpg

↑ ビーズボールをサーカスの玉

(もしくはスイカ)のように

ストライプ模様にした方。

他にも何名かいらっしゃいました。

ちょっとしたアクセントになって素敵です!

 

2016725175937.jpg

↑ 葉っぱに葉脈を入れた方。

全部に入れるとウルサイので

一つとばしで入れたンですって。

どうやって作るのかは謎デス。

 

201672518119.jpg

↑ お揃いのピアスも作った方。

「タコみたい」とおっしゃっていたけれど

私には「ミロ」に見えます。

涼しげな中に大人の遊び心・・・。

 

20167251831.jpg

↑ おうちにスキ玉が無かったので、

違うタイプのビーズボールにした方。

前回のレッスンでやったモチーフを

早速応用してくださったんですね。

嬉しいです。

しかも、ゴージャスな雰囲気に!

 

201672518454.jpg

ひとつのデザインで、

おうちにあるビーズで何色も作った方も

大勢いらっしゃいました。

 

…………………………………………

【オマケ】

ルーブル美術館所蔵の

ヴィルモンブル夫人の肖像。

 

201672518150.jpg

ららら、ラリエット♪

こんな時代から貴婦人が身に着けていた

アクセサリーです。

チャン・ルーさんもインスパイアされたと

インスタにUPされていました。

 

 

鉛筆書きライン素材/透過png (a1.png - 400x25)

 

beads cafeのレッスン一覧

 

2016316123549.jpg

⇒いよいよヴォーグ学園 東京・横浜校
2016年10月期の募集スタートしました!

(満席の場合でもCXL待ちにお名前をお入れください。
席が空き次第ご連絡さしあげます。)

 

 

みんなのラリエット② ~よみうりカルチャー自由が丘校&ヴォーグ学園東京校日曜クラス

ヴォーグ学園横浜校の皆さんに引き続き

続々と生徒さんたちのラリエットが

仕上がってきましたので

ご紹介します。

 

20167258252.jpg

まずは、よみうりカルチャー自由が丘校の皆さんと

ヴォーグ学園東京校日曜クラスの皆さん。

 

201672583240.jpg

201672583341.jpg

 

レッスンをしながら

空いてる場所で撮影しているので

画像が残念で申し訳ないのですが

ひとつひとつに

ひとりひとりの想いや工夫が

あふれていて、どれもしみじみ

美しいラリエットなんです。

 

着けこなしも皆さんとっても素敵ですね。

その③につづく・・・

 

鉛筆書きライン素材/透過png (a1.png - 400x25)

 

beads cafeのレッスン一覧

 

2016316123549.jpg

⇒いよいよヴォーグ学園 東京・横浜校
2016年10月期の募集スタートしました!

(満席の場合でもCXL待ちにお名前をお入れください。
席が空き次第ご連絡さしあげます。)

 

 

デザインレッスン blog作品展 その12

2015年9月に行った

オリジナルデザインレッスン

課題作品の発表 その12です。

(追加で作品画像が送られてきました!)

 

* * * * *

【ヴォーグ学園東京校 Y・Tさん】

 

2016114143024.jpg

『 クラシック音楽と 』

Boxのビーズを見て最初に目に飛び込んだのは、茶色の大きなビーズ。

「これをシンプルにつないだネックレスを作りたい。

後ろは蝶結び。そして、好きなクラシック音楽を

《名曲喫茶ライオン》で聴きたい。」

と漠然としたイメージはすぐに決まりました。

でも並べてみると一色ではつまらなかったので、

ポイントにBoxに入っていた赤いビーズとデザイン丸カンを入れ、

それぞれのビーズを2つの丸カンでつなぎました。

 

一番悩んだのは、紐をどうするかです。

最初に浮かんだのはベルベットのリボンでしたが、

端にタッセルを付けたくなり

紐の方がいいと考えました。

でも気に入った紐が見つからず、自分で編むことも考えましたが、

後ろでタッセルの糸が乱れるのも気になると思いだし、

結局平らな紐を使うことにしました。

左右2本ずつなので、結ぶと動きが出てよかったと思っています。

出来上がりはどこにでもありそうなネックレスになっていましましたが。。。

一緒に残った茶色のビーズにビーズを足して

お揃いのブレスレットも作ってみました。

 

…………………………………………………

 

「どこにでもありそうな」と謙遜されていますが

こんな風に品良く、シンプルにまとめるのが

いかに難しいか・・・。オリジナル作品を

作ったことのある方ならわかるはず・・・。

 

勝因のひとつとして、ビーズの位置と

バランスの良さがあると思います。

単にビーズを並べただけではなく、

ひとつひとつの間の取り方が絶妙です。

 

また、苦労されたというリボンのチョイスも

さりげなく凛とした雰囲気ですね。

2本どりにされたところも素敵です!

サシ色の赤の分量もパーフェクト!!

 

そして何より、最初の構想をしっかり持って

その目標に向かってブレずに

制作されたところが素晴らしいと思います。(K)

 

…………………………………………………

 

2016114144330.jpg
『 白樺の森で 』

「このメロンみたいな形のビーズをどうしよう。

たくさんあるので、これを使ったアクセサリーを作りたい。」

そこから出発しました。

浮かんだのは、白樺の森の中の建物。

だったらテラスにある椅子に座ってのんびり読書をしたい。

本を読むなら手元にブレスレットがあると素敵だな

ということで、最初に作ったのはブレスレットです。

 

持っていた丸いビーズが同じ色だったので一緒に使いました。

チェーンの部分は1本ずつ増やしながら

バランスを見て3本に決めました。

 

せっかくなのでネックレスもとビーズを並べてみたけれど、

なかなかうまくまとまらず、ブレスレットの雰囲気を

そのまま残したネックレスに仕上げました。

お揃いで着けるにはよかったかなと思っています。

おまけでイヤリングも作りました。

小さいビーズは左右で違うものを使っています。

 

…………………………………………………

 

なるほど、この三日月みたいなビーズを

「メロン(切った状態)」と捉えたところに

Tさんのキュートな一面が表れていますね。

そしてそこから北欧風なイメージをされたのでしょうか?

白樺の森の中へとうまくつながっています。

 

こんな風に最初にその世界観を

しっかりイメージして作りこまれているところが

私がいつもレッスンで大切にしているところで

そこをしっかり会得してくださっていていますね。

 

このメロンみたいなビーズを

いくつかグルーピングして配置しているところが

この作品の最大の特徴で

それこそ北欧風の牧歌的な雰囲気が

よく出ていると思います。

 

それでいて、色合いはどこかクールで

チェーンなどのメタルの輝きが

大人っぽさを醸し出しています。

 

ネックレスの両脇にTピンで

いくつかビーズをぶらさげた部分が

アクセントになっていて

とってもキュート。

 

それから、こちらも工夫の跡が見受けられる

ブレスのチェーンの3本重ね。

こういった細部の工夫が

シンプルな作品に奥行を与えてくれましたね。(K)

 

…………………………………………………

 

ビーズを始めてからずいぶん経ちますが、

未だに自分でデザインをすることに自信がないので

キットばかりを作り、レッスンでは毎回反省ばかりしています。

ですが、先生のレッスンに参加して

自分の思いを形にする楽しさを知ることが出来ました。

ビーズを選ぶことの楽しさも

難しさも完成した時の喜びもです。

 

9月のレッスンをお休みしましたが、Boxを受け取った時に

「シンプルでいいですよ」と言っていただいた言葉が

シンプルなものしか作れない私への神の言葉になりました。

一人で作ったこれもまた自信作ではありませんが、

苦しみながら楽しんで作れました。

次の課題は、シードビーズの使い方だと改めて実感しているところです。

 

…………………………………………………

 

自分の思いを形にした時の喜びを共有することができて

私も、レッスンに参加してくださっている

他のお仲間の皆さんも、毎回とてもハッピーな気分です。

「いやぁ、アートってほんと素晴らしいですね!」

(水野晴郎風) (K)

 

 

提出がまだこれからという方、

まだ受け付けております!

随時またこのblogで発表したいと思っています。

 

 

loading...

月別アーカイブ

ページ上部へ