ホーム>ビーズカフェブログ>ブログ作品展
ビーズキットと楽しいビーズ教室 beads cafe

ブログ作品展

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その7 「水の中のアジアへ...」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その7です。


2017117193448.jpg

 

ももペリさん
(NHK学園市川オープンスクール)

 

「水の中のアジアへ...」

4作品になりますが、共通テーマとしてアジア、
オリエンタル、エキゾチックを
キーワードに製作しました。


2018221105658.jpg↑ 丸い大粒ビーズの模様が
清流の川底の石に見え、
強く惹かれました。

アジアの山深い源流で覗き込んだ
川底に吸い込まれて行くイメージです。
細めのカニカンを1本のチェーンの先につけ、
胸元で長さを調整できるようにしました。

………………………………………………………………………………

すっきりとしたY字のラインや
余計なものを加えずに
まとめたところに、
大自然の風合いや
エキゾチックな雰囲気が
よく表現できていますね。(K)

………………………………………………………………………………

 

 

2018220231537.jpeg
↑ 中央のパーツの綺麗なレース模様に
エキゾチックな魅力を感じました。
ビザンチン帝国時代を彷彿させる様なイメージで
ビーズを組合せてみました。

………………………………………………………………………………


実際に実物も見せていただきましたが
幅広のリボンに縫い付けられたパーツたちが
きちんと整列している様が
ビザンチンの兵士たちの
整然とした佇まいを表しているよう。
手首に巻くと、しなやかに身にまとい
とってもファッショナブルに見えるのが
さすがでした!(K)

………………………………………………………………………………

 

 

2018220231952.jpeg
↑ 個性的なビーズに几帳結びで
アクセントを付けました。
題して『エキゾチック JAPAN』(笑)

………………………………………………………………………………


紐をうまく組み合わせましたね。
こんなネックレスをさらっと身に着けて
中国茶館で、凍頂烏龍茶など飲みたくなります。(K)

………………………………………………………………………………

 

 

 

2018220232411.jpeg
↑ 深い緑色とポチポチが可愛い
『毬藻』に見えました。

竹ビーズが上手く通ったので、
左右に動くマリモです。

 

………………………………………………………………………………


耳元に揺れる様子を見せていただいて
あまりの素敵さに驚きました!
私もこれ欲しい!

大きなモチーフなのに
三角と毬藻の丸が
スタイリッシュに組み合わさっています。
色味がいい感じに渋くて
とってもお洒落です。

同じお弁当箱をお持ちの皆さんも
余った竹ビーズで真似してみては?(K)

………………………………………………………………………………

 

お弁当は大好物なのですが、
イメージを形にするのは大変な作業ですね。
方向が決まるまでは延々と時間がかかりますが、
一旦決まれば後は楽しくて楽しくて……


今回は大粒の個性派ビーズが沢山入っていました。
無難に横並びで繋ぐ事だけは
したくありませんでした。

それで余計時間がかかりましたが、
自分なりに満足の行く物ができました。
ありがとうございました。

 

………………………………………………………………………………


おっしゃる通り、方向性を決める作業が
制作するにあたって、最も重要なことなんですね。
普段自分が大切にしていること、
何を感じて暮らしているのか、
そういう感受性を豊かにしておくことも
制作の重要なファクターでしょう。
そういう意味でももペリさんの
成熟した大人の感性を
感じさせる作品たちでした!(K)

………………………………………………………………………………

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

 

 

 

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その6 「大人の女性」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その6です。


2017117193448.jpg

 

M・Tさん(ヴォーグ学園東京校)

「大人の女性」

2018216201716.jpg
過去
紀元前のエジプト…
美しい大人の女性が身につけたネックレス。



現在
公私ともに充実した
大人のキャリアウーマンが身につけた、
クールなブレスレット。

 


未来
無重力の宇宙を旅する
大人の女性が身につけたピアス。

 



その時々の大人の女性の様に、
クールな大人の女性になれればと思い作りました。

 

………………………………………………………………………………

 

時空を超えて

どんな時代にも存在している

自立した大人の女性を

3つのアクセサリーで表現されました。

まずはその発想がとっても面白いと思います。

 

過去のネックレスは

ヒエログリフを思わせるような

メタリックなビーズを左右対称に配置して

中央にオッキオ(目)ビーズを

堂々と配置したところが

古代のハンサムウーマンを感じさせますね。

 

現在のブレスは

パソコンをカタカタと打つその手に光るような

シンプルで無機質なイメージの作品。

 

そして未来のピアスは

不思議なラインの枠にビーズが浮かんでいるような

パーツで無重力な宇宙旅行。

 

すべてにおいて、作り手のM・Kさんの

凛とした姿勢が感じられて

本当に良い作品だと思います。(K)

 

………………………………………………………………………………

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その5「クリムトへのオマージュ」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その5です。


2017117193448.jpg

 

riku911さん(ヴォーグ学園東京校)

 

「クリムトへのオマージュ

 

2018213155936.jpg

モカ色のエキゾチックなbeads は

一番に目に付いたもの。

このbeads を生かす術が難解を極め

試行錯誤の末に他のbeads とは合わせず

シンプルチョーカーにしました。

 

イヤリングとブレスレットは、まるで

画家クリムトの絵画に散りばめられたデザインを

想像させるbeads だったので、画集を引っ張り出して

ビザンティンのモザイク装飾を意識して

クリムトへのオマージュとして作成しました。

 

改めてクリムトの衣装デザインと色の組み合わせ、

或いは「ユディトII」のブレスレットは

リズミカルでワクワク感があって

こんなbeads アクセサリーを作ってみたいな〜

 

反省点として、ただ繋げただけで

Tピンや9ピンを使ってデザインする等に至らず、

まだまだだなぁ。

 

↓ オマケのネックレス

201821316453.jpg

………………………………………………………………………………

 

普段、個人的に美術を勉強されているriku911さん。

一粒一粒のビーズから、さまざまな表情を

見つける目をお持ちの方です。

まずは、何かを感じ取ることから

デザインは始まりますから、

その点で第1歩は踏み出せたのでは

ないでしょうか?

 

エキゾチックな装飾が施された

大粒ビーズを同色のリボンに通した

シンプルな作品ですが、とてもバランスが整っていて

お洒落ですよね。

タートルネックにこれひとつ身に着けて

美術館にでも行きたくなります。

 

こういうデザインにしたい

そのためにはどんな技法がふさわしいのか・・・

それを探っていくのが制作ですから

技法の抽斗をしっかり作っていくと

どんなものでも生み出すことができますよ。

楽しく頑張りましょう!(K)

………………………………………………………………………………

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その4「アラビアの欠片〜ドバイの思い出たち」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その4です。


2017117193448.jpg

 

M・Uさん (ヴォーグ学園東京校)

その3からの続きです。

 

作品群全体のイメージ

「アラビアの欠片〜ドバイの思い出たち」

201826171424.png

 

「スパイススーク」

201826171514.png

香辛料が綺麗に山高く積まれ

様々な匂いに満ち溢れる店内。

使い込まれた真鍮の天秤に

サフランが乗っている様子。

 

 天然石を使ったレッスンの手法で作りましたが、

やはり同じ形のビーズで

ひし形の形を作るには苦戦しました。

 

………………………………………………………………………………

まるでドバイから送られてきた

絵葉書を見ているような作品たちですね!

真鍮の鈍い輝きの中の

ピリっと効かせた

赤い実。

雰囲気の捉え方と洒落た表現方法の

両方が見事です!(K)

………………………………………………………………………………

 

 

「ドバイモール」

201826171841.png

 

銀色のタッセルはドームの形で革、

卵の形のビーズは樹脂で

ヒビの模様に異質の融合を感じました。

 

それは ドバイモールに訪れた時、

外は灼熱の砂漠なのに

人工雪のスキー場がある違和感に繋がりました。

 

異質な物がミックスしていますか均整がとれたと思います。

 

………………………………………………………………………………

なるほど。ものすごいスピードで

発展の進む華やかな国の様子が

こんな風にアクセサリーで表現できたのですね。

そんなテーマを見つめる着眼点と

素材のチョイス、組み合わせ方が

ぴったりと合っています!(K)

………………………………………………………………………………

 

 

「シュメイラ モスク」

201826172016.png

優美で圧倒される荘厳さを誇る中東一のモスク。

白いタイルに金の彩色を施し

限りなく青く澄んだ空が印象的でした。

 

エキゾチックで綺麗なビーズをみたとき、

ドバイで見たモスクを作品として

表現したいと思いました。

 

ところが最初は全く自分のイメージ通りにならず、

ずっとお手上げ状態でした。

先生からアドバイスいただき、

ビーズの間を詰めて置いたら

イメージ通りになりました。

 

レイアウトしてすっきり出来る事を学びました。

 

………………………………………………………………………………

同じビーズをつなぐにしても

ビーズとビーズとの間隔の取り方、

繋ぎ方ひとつで

まるで雰囲気の違うものになりますね。

今回、「さまざまな素材が

図鑑のように並ぶようにしたい」

という目標をお持ちだったので

あまり間隔をあけず、

なおかつゆらゆらとした動きを出さず

きちっと整列させてみようという

結論になりました。

ひとつひとつがとっても個性的で

派手なビーズなのに

非常に上品で華やかな雰囲気に仕上がりました。(K)

………………………………………………………………………………

 

<感想>

一番気になるビーズを選び

イメージを膨らませて

そこに作り込んでいく手法を、

(レッスン内の)フローチャートを使うことにより

ぶれずに考えられて良かったです。

 

教室の皆さんの作品や

アイデアがいつも刺激的です。

また、弁当箱がまだあるよって

勧めてくれたり、

新たな手法や、売っているサイトまで

親身になって教えてくださったり、

一緒に楽しめる仲間が本当に有難いです。

 

追伸

毎回 お弁当箱を通じて

レッスン準備の大変さを痛感しています。。

本当にありがとうございます。

  

………………………………………………………………………………

ここ数年、beads cafeのレッスンに通ってくださって

年々、技術と同時に感性を作品に結び付けるすべを

着実に身に着けてくださっていて

素晴らしいですね。

それも教室の仲間たちとの

心地よいインプット&アウトプットの

お蔭でしょう。

私もとっても嬉しいです。

こんな風にレッスンに真摯に向き合ってくださって

私もスタッフも準備のし甲斐がありますよ!(K)

………………………………………………………………………………

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その3 「ふゆのはなし」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その3です。


2017117193448.jpg

 

M・Uさん (ヴォーグ学園東京校)

作品群全体のイメージ

「ふゆのはなし」

201824173911.png 冬のイメージで作りました。

 

 

「冬のはじまり」

201824174040.png
落葉樹の葉が西日に照らされていて

まだ寒さを感じないひと時のイメージ。

この様な形がある 葉っぱのようなビーズを

使うことがとても苦手だったのですが、

今回はイメージを大切にする練習から入ったので

意外とすんなりできた気がしました。

ゴールドを温かみとして使えたと思います。 

 

………………………………………………………………………………

一枚のゴールドの葉っぱのパーツから

ここまでイメージを広げられる感性が

とっても素晴らしいですね。

とてもシンプルな中に

全体のバランスがきちんと取れていて

素敵です。(K)

………………………………………………………………………………

 

 

「霜柱のバングル」

 20182417453.png
  竹ビーズを見たとき 氷の冷たさを感じ、

黒い土の間のニョキっと出来ている霜柱を 

踏みしめる楽しさ表現しました。

イメージできているのに、思ったようにならなくて、

手法をかえて、何度もやり直しを繰り返しました。 

ワイヤーを使うことで、氷の固いイメージが

表現できたと思います。

 

………………………………………………………………………………

ビーズからイメージを膨らませ、

それにあった技法を探り、

制作する。

オリジナル作品づくりの課題を

着実にこなしていらっしゃいます。

材料の合わせ方や、リズミカルな配置に

センスの良さを感じさせます。(K)

………………………………………………………………………………

 

 

「空から舞い落ちる雪」

201824174659.png
リフトに乗って山頂に行く間に

空を見上げると次から次へ雪が舞い降りてくる様子。

小さいビーズを周りにつけている

ビーズが雪の親玉にみえて、

この親玉が雪を降らしてるように思えました。

銀色の雲が空を覆っています。

様々な銀の表情を形で遊びました。

 

………………………………………………………………………………

大人になっても、こんなファンタジーが

想像できる素晴らしさ!!!

それをシルバーの印影だけで大人っぽく仕上げて

いるところがニクイです。(K)

………………………………………………………………………………

 

 

「氷柱の音色」

20182417493.pngきらきら光る竹ビーズは氷の欠片にみえました。

小さい頃読んだ ふゆのはなしに氷柱で演奏する

小人の挿絵がありました。

きっと澄みきった音色が

するのだろうとイメージしました。

教室で習った手法で面を作ることが出来ました。  

 

………………………………………………………………………………

これはモザイク模様のペンダントの技法ですね!

下に氷柱がズラリと並び、

こちらも大人のメルヘンを感じさせます。(K)

………………………………………………………………………………

 

 

「ブリザード」

201824175119.png
インドの硬質なビーズに

凍り付くような冷たさを感じました。

灰色の空を見上げると

氷のような雪が頬にあたってとても痛い。

背筋を伸ばしてクールに決めたい時に

つけたいと思います。  

 

………………………………………………………………………………

「ふゆのはなし」シリーズのまさにクライマックス!!

あの!?形もいびつなメタルのスペーサーたちだけで

こんなに素敵なモチーフはできあがるとは!!!

首回り部分をアシンメトリーに配置して

とってもおしゃれです!

 

Uさんの作品を拝見すると

冬の凍てつくような寒さ、

頬にあたる風の痛さ、

楽器の音色、空気の匂いなどなど…

五感でビーズを感じていらっしゃるところが

本当に素晴らしいと思います。(K)

(M・Uさんの作品はその4に続きます)

………………………………………………………………………………

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

 

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その2「Flying bird」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その2です。


2017117193448.jpg

 

H・Sさん (ヴォーグ学園東京校)

「Flying bird」

 

用途はその1と同じです。

 

中央のパーツを見たり触ったりしたとき、

何か鳥の卵のように思いました。

 

そこから、鳥が大空に向かって飛び立つ

イメージのネックレスを作りました。

 

201822182545.jpg

 

2枚の羽根のような部分は

オートクチュール刺繍の技法を使いました。

オーガンジーにビーズやスパンコールなど

色や大きさの違うものを刺繍しました。

鳥の羽に見えるようにモール糸を使ってふわふわさせました。

 

裏にワイヤーがついているので、形が変えられます。

 

鎖の部分は、既成のチェーンや

リボンでもよかったのですが、

この中央の部分のキラキラな感じと

空に飛ぶ空気感のようなものを出したくて、

細いワイヤーをかぎ針で編んでみました。

エビ編みという編み方です。

 

201822182643.jpg

あまり編み物はやったことがないうえに、

材料をワイヤーで、、、

などという無謀な挑戦をしてみました。

まず、エビ編みがわからず、普通の太いレース糸を

編んでみることから始めました。

でも苦労してワイヤーで編んだコードは

きらきら光り、大きさもそろってないところが、

かえって鳥の羽のイメージと合って

よかったかなあと思います。

 

ブレスレットに使ったパーツは透明で済んだ空のよう。

色をネックレスのシルバーに合わせました。

夜遊びにぴったりです。

 

 

感想

今回は刺繍や編み物な他の分野も融合させてみました。

想像したものがなかなかできずたくさん苦労しましたが、

その分達成感もたくさんありました。

またアイディアを考える段階は

本当にイメージがわかず、毎回大変ですが、

びびっと来たときは本当に楽しいです。

そういった感性をこれからも

磨いていきたいと思います。

ありがとうございました。

 

………………………………………………………………………………

 

この作品の画像を拝見して、

まずは、美しい・・・(溜息)

その一言しか出ませんでした。

 

理屈は置いておいて

とにかく色合いの美しさ、

フォルムとラインのなめらかさ

羽ばたくような軽やかな強さ・・・

 

イメージと作品がぴったりと寄り添って

本当に素晴らしい作品です。

(しかもオシャレ!)

 

Sさんの作品づくりの良いところは

ビーズからイメージを膨らませる

どうしたらそれが表現できるのか

デザインする

それに合った技法を見つけて

やってみる

失敗しても

いろいろやってみる

 

この流れと順番が

きちんとできているところです。

 

人はとかく従来からある、自分が知っている「技法」に

頼りがちになってしまうのですが、

そうではなく、

「教科書は自分で探し、生み出すもの」

という創作の原点がここにあります。(K)

 

………………………………………………………………………………

 

201822165255.jpgぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

 

 

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その1「Power of Africa」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ作品展 その1です。


2017117193448.jpg

 

H・Sさん (ヴォーグ学園東京校)

「Power of Africa」

201822184653.jpg

この材料を見て手に取った時、

木や土などの自然な雰囲気を感じました。

長細いストローなパーツを並べているうちに、

原住民が身に着けている首飾りのようにも見えたり、

演奏する楽器にも見えました。

 

リングにしたパーツは木や木の実などを

ナイフで細工して作った飾り物、

お守りみたいなものを連想しました。

そしてとても力強さを感じたので

エネルギッシュでインパクトのあるものを

作りたいと思いました。

 

用途としては、お友達とディナー、

それもかしこまった感じではなく、

ちょっとおしゃれなカフェでワインを。

デニムにニットのような格好でも

これさえ付ければおしゃれに見えるような

大ぶりのものをイメージして作りました。

 

20182217170.jpg

 

ネックレスは割と作りたかったものに

近いものができたと思います。

ただ作成している間に1段目と2段目を別々にして

2本のネックレスにしたいと思ってやってみたのですが、

別々だと画像のように1段目と2段目をバランスよく

身につけるのにかなり時間がかかってしまうので、

ワイヤーで1つのネックレスにしました。

 

パーツの重さ数や、ワイヤーの太さなど、

ちょうどいいカーブやバランスになるまで

かなり試行錯誤しました。

 

201822171832.jpg

リングは、この彫りが美しいパーツを見て、

これをそのまま生かしたほうがインパクトもあり

ネックレスともバランスがいいかと思い、

そのままリングの台にボンドで付けました。

 

20182217208.jpg

ブレスレットは、最初に箱の中を見た時に

このビーズが、なんてきれいな色なんだろうと

感動して、どうしても使いたく、

ネックレスとリングが大ぶりなので

こちらはシンプルにしました。

(メガネ留め)

 

………………………………………………………………………………

 

皆さんがどうやって使おう?!と

頭を悩ませていたロングの竹ビーズから

プリミティヴな情景を思い浮かべ

そこからどんどんデザインの

肉づけをされたんですね。

 

竹ビーズがニョキニョキと

無骨な雰囲気に並んでいる様が

見事にそれを表現していて

さすがです!!

 

また、普段の装いを

少しお洒落に、

しかもアートな雰囲気に見せてくれる

コスチュームジュエリーにまで

完成度を高めた点も素晴らしく、

もう言うことなし!

 

お揃いで着けられる小品の

アクセサリーたちも

それぞれの素材の良さを生かしていて

とってもキュートですね。(K)

(H・Mさんの作品はその2に続きます)

………………………………………………………………………………

 

201822165255.jpg

201711717627.jpg2018年4月期の募集スタートしました!

各地のbeadas cafe レッスン

 

 

 

beads cafe レッスン ブログ作品展31 「Prahaの夕暮れ」

beadas cafe

オリジナル作品レッスンで

出来上がった生徒さんの作品の

ブログ展覧会 その31です。

その30はこちら

2017117193448.jpg

 

S・Eさん (ヴォーグ学園東京校)

 

「Prahaの夕暮れ」

2017726172325.jpg1 夕暮れのプラハの街

2 街中の小さなレストランで演奏を聴きながら

3 私

4 ブレスレット、ピアス

5 シックな色のビーズだったので

中世の街並みに合うような

少し大人な感じのお揃いの

ブレスとピアスを作ろうと思いました。


ブレスレットは重ね付けをしたかったので

小さいビーズはラダーワークで二重になるように作り、

大きめのビーズは伸びる糸を使用しました。

ビーズの配置が難しくとても悩みました。

また、革ひもの色をこげ茶にしましたが、

リボンと同じ色のカーキ色でもよかったのかな?

とも思いました。

色選びも今回勉強になりました。

ピアスは途中に金具を出したくなかったので

長いTぴんを使って作りました。

 

一から作品を作るのは今回初めてだったので

とても戸惑いましたが、色々考えていく過程が

とても楽しくて勉強になりました。

もうひとつカジュアルな感じの

ネックレスを作っている最中ですが

試行錯誤中でまだ出来上がっていません。

また、違う技法にもチャレンジして

作品を作ってみたいと思います。

よろしくお願い致します。

 

赤みがかったブラウンのビーズや

メタルビーズたちを

レトロで華やかなイメージに重ねて

作品づくりをされて

とても品よくまとまりましたね。

ブレスの配置に苦労されたとのことですが

さりげなく種類ごとにグルーピングされた点、

カーキグリーンのリボンが

さらっと巻かれている点など

センスの良さを感じさせますよ。

オリジナル作品づくりがはじめてというのも

驚くほどまとまっていて

イメージとビーズのチョイスもバッチリです!

キットを作るのとはまた違った楽しさを

感じていただいたようで

私も本当に嬉しいです!(K)

 

 

201722165336.jpg

 

201711717627.jpg

 

→各校レッスンの詳細はコチラ

 

 

beads cafe レッスン ブログ作品展30 「キャラメリゼ リボンネックレス&イヤリング」 「箒星のロングネックレス& 惑星のイヤリング」 「実りのブレスレット&イヤリング」

beadas cafe

オリジナル作品レッスンで

出来上がった生徒さんの作品の

ブログ展覧会 その30です。

その29はこちら

2017117193448.jpg

 

C・Kさん (ヴォーグ学園東京校)

 

「キャラメリゼ
リボンネックレス&イヤリング」

2017719123943.JPG パリの路地裏にあるケーキ屋さんの

 ショーケースの中のイメージ。

シンプルで ほっこり、

でも、こだわりがある。

ビーズを 見て、そんな焼き菓子専門の

お店を思い 浮かべました。

リボンを使うことで、

シルバーのパーツも優しく見えるかな〜と。

 

カチっとしたフォルムなのに

つまらなく見えないのは

メインのシルバー色のビーズやリボンを

サイドに寄せたり、

間に挟んだメタル風ビーズをリズミカルに

ランダムに配置して

シンプルを少しだけ崩したところにありますね。

またデザイン金具(チェーン?)も

うまく使って変化がついています。

その分ビーズとリボンの色を合わせたり

全体的にすっきりシンプルにまとめているところが

心憎いです。

まさにシンプルでほっこり

でもこだわりのある作品になりました。(K)

 

 

「箒星のロングネックレス&
惑星のイヤリング」

2017719125456.JPG 真っ暗な宇宙に浮かぶ星たちのイメージ。

 クールで未来的なアクセサリーを

作って見たかった。

大まかな形はすぐに

決める事が出来たのですが、

詳細をどうするかに悩まされました。

ですが、タッセル作りや首紐部分のオールノット、

習った事を取り入れたことで、

納得の行くものが出来ました。

 

2017719124250.JPG実はこれ、ブレスレットと

バッグチャームとしても使えます

 

実際に身に着けていらしたところも拝見しましたが

ものすごくスタイリッシュで

良い意味で「手づくり感」の無い

アクセサリーになりましたね。

思い切ってメタリックと黒にまとめたところ。

全体をシンプルなラインにして

細部をきちっと作りこんだところ。

全体のバランスのとり方が

素晴らしいです!

何通りにも使えるところは

ハンドメイドならでは!(K)

 

 

「実りのブレスレット&イヤリング」

2017719125221.JPG なぜか深い緑のビーズに

実りのイメージを持ちました。

大好きなワインになる葡萄風ブレスに。

 

こちらは小品ながら

一粒一粒のビーズの持ち味を

生かした素敵なアクセサリーになりましたね。

 

イメージを持って作品にするのは難しいですが、

出来上がった時の達成感は何とも言えないですね。

これからもレッスンでセンスを鍛えていければと思います。

 

Kさんは、素材の中にあるイメージを見つけるのが

とっても上手な方。

そこからストーリーを導いて

実際の形にするまでの過程を

きちんと納得するように努力されていて

素晴らしいなと思います。

作品を見ていると、

普段の生活も心豊かにお過ごしの様子が

伝わってきます。(K)

 

201722165336.jpg

 

201711717627.jpg

 

→各校レッスンの詳細はコチラ

 

 

beads cafe レッスン ブログ作品展29 「夜の匂い」 「スパーク」 「シャンパンゴールドのネックレス」 

beadas cafe

オリジナル作品レッスンで

出来上がった生徒さんの作品の

ブログ展覧会 その29です。

その28はこちら

2017117193448.jpg

 

A・Iさん (ヴォーグ学園東京校)

「夜の匂い」

201776115610.jpg

夏の夜にちょっとおしゃれして、

女友達と飲みに行くときに

使いたいと思ってつくりました。

初めはギラギラした

濃い夜のイメージで作るつもりだったのですが、

作っているうちに可愛らしい要素も入れたくなり、

蝶々のようなモチーフを入れました。

蝶々のおかげで少し爽やかな感じに

なったのかなと思います。

ブレスレットのワイヤーがかなり太めだったので

メガネ留めが難しく上手に出来なかったのと、

ネックレスのビーズの配置を

もう少し崩しても良かったかな、

というのが反省点です。

 

ダークなカラーとゴールドなどの

キラキラ。そして蝶のモチーフで

どこか幻想的な雰囲気を醸し出す

作品になりましたね。

作品全体の雰囲気とワイヤーの太さの関係は

とても重要なのですが

それと同じぐらいメガネドメの輪の大きさの

バランスが大切です。

例えば今回であれば

全体的に輪を小さく揃えると

もっとまとまるような気がします。

それから、反省点にもあるとおり

蝶のモチーフの高さが揃ってしまっているので

それを変えるだけで

随分大人の雰囲気になるのでは?

蝶はひとつだけでも良いかもしれませんね。(K)

 

 

「スパーク」20177612258.jpg色とりどりの竹ビーズが可愛くて

線香花火のようにスパークしたイメージを

形に出来たらと思いつくりました。

上段の作品は、先生にアドバイスを頂いたとおり、

細いワイヤーにいくつも竹ビーズを通してから丸めて、

ぐるぐるっとイヤリングに巻きつけました。

下段の作品は、竹ビーズを1つずつ

Tピンで丸カンに通していきました。

シルバーを中心にゴールドとブラックを混ぜています。

どちらも少し懐かしいというか、

80年代のカラフルでキラキラした雰囲気を目指しました。

もう少しボリュームがあった方が良かったかな、と思います。
 

きゃあ!とっても可愛いです!

教室内でこんな風にすれば?と

お話していたデザインが

そのまま形になって表れて

感無量・・・。^^

80年代のちょっと浮かれた(?)

キラキラ感、良い感じですね。

ボリュームあるタイプも

見てみたいです!(K)

 


「シャンパンゴールドのネックレス」

 

20177612324.jpg

少し透けるゴールドのビーズを使いたいな、

とあれこれ考えて作ったネックレスです。

全部のビーズがキラキラ系なのですが、

金属パーツを使っていないからか

少し素朴な感じもします。

留めるところも全部ビーズで

手づくり感を出したのが気に入っています。

長さを慎重に決めたつもりなのですが、

実際に身につけて全身で見ると、

あと5センチ長さがあった方が

良かった気がするので、

後ほど作り直すつもりです。

 

これぞシンプルビューティー!!

全体のバランス、ビーズとビーズの隙間の間隔、

ネックレス部分の2重にしたところ、

留める部分の工夫などなど・・・

細部までバランスを考え抜いた

作品ですね。素晴らしいです!

画像の撮り方やシンプルなお皿など

すべてにおいて、Iさんの美意識が貫かれています。(K)

 

201722165336.jpg

 

201711717627.jpg

 

→各校レッスンの詳細はコチラ

 

 

loading...

月別アーカイブ

ページ上部へ