ホーム>ビーズカフェブログ>ブログ作品展
ビーズキットと楽しいビーズ教室 beads cafe

ブログ作品展

beads cafe ブログ作品展2018 その17  「It's Show Time!」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その17です。


2017117193448.jpg

 

N・N さん
(ヴォーグ学園横浜校)

「It's Show Time!」

2018627192240.jpg

自分用、シルクドゥソレイユの
観賞の時に着けていくため

技法 ネックレス ピン曲げ
   ピアス ピン曲げとメガネ止め

水色の大きなビーズを見た時に

思い浮かべたのが「サーカス」でした。

サーカスのキラキラした華やかさを
出したくて作成しました。

先生のアドバイスの
細かいキラキラ感の出し方が
一番苦労しましたが、チェーンとメタルビーズを使い、
まあ思い通りに出来たかなと満足しています。

ピアスは透かしパーツがとても綺麗でしたので、
あえて中にはビーズを編み込まずシンプルに仕上げました。

実際着けてみて、とても軽くて気に入っています。

 

………………………………………………………………………………


なるほど。
このスカイブルーとゴールドのビーズ達から
シルクドゥソレイユの雰囲気、
とってもよく伝わります。

思いっきり華やかで妖艶、
ミステリアスな雰囲気も湛えながら
どこかもの悲しさを感じさせるような・・・

そんな情景がひとつのネックレスに
よくまとまりましたね。

特に、細いチェーンの先に
小さなゴールドがちらちらっと
ぶら下がっているライン。
これがあることで、繊細な動きや輝きが
加わって、ぐっと雰囲気が出ました。

お揃いのピアスも3つのトルコブルーが
品よく華やかで
とっても素敵です。(K)

………………………………………………………………………………

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

 

beads cafe ブログ作品展2018 その16 「日本庭園の散歩道」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その16です。


2017117193448.jpg

 

takako.K さん
(ヴォーグ学園東京校)

日本庭園の散歩道

深い緑の色合いが多かったので
日本庭園を思い浮かべて
上品な美しさの中の静寂を表現しました


私的には上手くまとまって
気に入ったデザインになったと思いますので
反省点も思い浮かばないのですが、
写真を撮ってる時に周りを明るくしても
暗い色合いでみんなひとつの塊のようで
ひとつひとつの良さが出てこないという事が残念です。


 

201842518031.jpg

 

20184251814.jpg

 

………………………………………………………………………………


異なる2つの日本庭園を表現してくださった
takakoさんの作品。

シンプルながら、細かいデザインが
本当に素敵!!

上のネックレスは、長い竹ビーズの間に
ちらりと見えるグリーンのシードが
効いていますね。
まさに、文字通り静謐な日本の竹林を感じさせます。

2つとも、ビーズの大きさの組み合わせや
並び順のリズミカルな感じが
センスを感じさせますし、
間にどんな大きさのものを挟むかで、
メインのビーズのリズム感が
大変美しく見えるということが
よくわかります。

写真の撮り方が納得いかなかったとのことですが
画像を見ますと左から光が入っていますが
それが強すぎると、かえって影の部分が暗く見えます。
カーテンなどをひいて、もう少し柔らかい光にして
反対側にレフ板になるような白い紙などを
置くと全体に光がまわってきれいに撮れますよ。(K)

………………………………………………………………………………

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

 

 

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その15 「Russian Blue」「ピンクムーン」「ライラックスター」 「Jazz Night」「Drops」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その15です。


2017117193448.jpg

 

limarinoさん
(ヴォーグ学園横浜校)

 

初めてのお弁当箱!

あれこれ考えたつもりでしたが、出来上がりがどれもシンプル過ぎて、

工夫と技術の足りなさを感じています。

 

イメージを膨らませてデザインを進めてゆくというのは初めてで、

最初は戸惑いました。でもそれは決して苦痛なことではなく、

楽しく完成までたどり着けたことをうれしく思っています。

………………………………………………………………………

 

「Russian Blue」

スモーキーなビーズと、グレーのリボンが入った

「お弁当箱」を見た時、ロシアンブルーが思い浮かびました。

ゆるゆる気ままなネコのイメージと、

パーツの硬さがぶつからないよう、

先生のアドバイスを参考に、

小さな丸カンを継ぎ目にいれて

柔らかい動きが出るようにしました。

シンプルなワンピーズにプラスして、友人とのお食事会に。

 

201842194456.jpg

………………………………………………………………………………


なるほど。気品のあるシルバーグレーの猫の姿。
伝わってきますヨ!
色合いだけでなく、しなやかで
柔らかい動きが、丸カンでつなぐことで
表現できました。
ビーズの位置もさりげなくて素敵です。(K)

………………………………………………………………………………

 

 

「ピンクムーン」(右)

「ライラックスター」(左)

20184220521.jpg

淡く光る丸いパーツから、月と星を連想しました。

シルバーの星を添えたピンクムーン。

そして、長めのシルエットを意識したライラックの流れ星。

どちらも普段着に合わせて、

気軽に身につけたいと思って作りました。

 

………………………………………………………………………………


個性的なビーズを使ってシンプルに仕立てるのって
とても難しいのですが、これは2つとも
本当にうまくまとまっていますね。

イメージがあっての制作の大切さを
感じさせてくれます。(K)

………………………………………………………………………………

 

 

 「Jazz Night」
 

20184220545.jpg

存在感のあるメタリックビーズから、

重厚な音色のイメージが湧きました。

サックスとジャスを愛するお友達に贈り、

ライブにつけていってもらいたいチョーカーです。

チェーンで長さを調節できるようにしたにも関わらず、

皮紐が太かったせいで、いちいちビーズをずらして

位置を調整しなくてはならなくなってしまいました。

メインのビーズに負けないようにと、

この太さを選んだのですが反省です。

 

………………………………………………………………………………


ビーズから音楽を連想するという
五感を生かしたイメージづくり。
インパクトのあるメインのビーズに
鮮やかなグリーン、そして太い革紐。
とても良い選択だと思います。
JAZZのダイナミックな太い音色が
聞こえてきそう。

位置をずらすのにこの太さが失敗とのことですが
むしろ、そこは太さを優先して
長さの調整はしなくてもよいのでは?
一番伝えたいことを残すというのも
時には必要ですよ。(K)

………………………………………………………………………………

 

 

「Drops」
 

201842205513.jpg
初めての「お弁当箱」の課題に

取り組んでいる時、東京に雪が降りました。

冷たさも感じるメタリックビーズですが、

このコロっとしたフォルムが可愛らしくもあり、

冷たいとはいっても刺すような

厳しい冬の冷たさではないなぁ…などと、

暖かい部屋でビーズを並べてあれこれ考える時間は、

とても楽しく贅沢なひとときでした。

そんなほっこりとした気持ちで

ビーズを繋いだチャームです。

最初はペンダントトップにと考えていましたが、

予想より大きくなったのでバックチャームに変更しました。

真ん中の白い丸ビーズと、上下に挟んだ

パーツの形の関係で縦のラインがずれやすく、

まっすぐのラインが決まりにくいところが

イメージ通りにいかなかった点です。

………………………………………………………………………………


楽しみながら制作していた気持ちが
伝わってくる、とても良い作品ですね。
形、色、大きさの違うひとつひとつのビーズの
連なりがセンスの良さを感じさせます。

縦のラインがまっすぐにならないのは
もしかしたらそれぞれのビーズの穴が
若干大きすぎて、ぐらついてしまうからかも。
竹ビーズなど細いビーズや
シードビーズを、大きな穴のビーズの中に
入れ子にして通すとぐらつきが
防げるかもしれません。

初めてのお弁当箱、
楽しみながら挑戦してくださって
ありがとうございました!(K)

………………………………………………………………………………

 

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

 

 

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その14 「いつもの場所に」「待ち合わせ」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その14です。


2017117193448.jpg

 

K・Mさん
(ヴォーグ学園東京校)

「いつもの場所に」

2018328145050.jpg2018328145122.jpg
いつものお気に入りの場所で

あたまのなかをからっぽにして過ごす時間

わたしのだいすきなじかんです

忙しさに流されていく中、ふとたちどまる

背のびしなくてよくて

わたしがわたしのままでいられるじかん

そんな時につけていきたいなと

考えてつくりました

 

2018328145244.jpeg
宿題の提出期日に間に合わなくて、

みんなの大作ができていく中ちょっと焦りました

でもわたしらしいってなにかな?

この作品はちょっと最初考えていたのとは

違う形になりましたが、失敗の中に

おおっという発見があり、バランスをとるために

トップ部分を下げることにしました

お気に入りができて嬉しいです

 

………………………………………………………………………………


オリジナル作品と向き合うことが
本来の自分ってナンなんだろう?と
考える時間になったんですね。

まさに色々なビーズを使ってひとつの作品を
作り上げるまでには
何度も何度も「これでいい?」と
自己との対話が繰り返されます。

そんな中で自分で決めたり
発見してできたことは
何にも代えがたい財産ですね。

今回も、メガネの形のパーツ選びや
トップのバランス感など
本当にMさんらしい素敵な作品に
仕上がっています!!
(画像の雰囲気もとっても良いですね)(K)

………………………………………………………………………………

 

「待ち合わせ」

ちょっとだけいつもより綺麗な格好をして待ち合わせ
 

2018328145423.jpg極小ビーズをひたすらつなげました

大きなビーズをつけた事でつけているうちに

ちょっと動いてしまうので

少し改善する必要があるなと考えています

 

………………………………………………………………………………


大粒の主役パーツとのバランスに
グレーのスリーカットをボリュームをつけて
組合せされた作品。

なんてお洒落なんでしょう!
それぞれのパーツの良さが
絶妙に引き立てあっていますね。

大粒ビーズがサイドに寄っていて
これが動いてしまうとのこと。
何回か身に着けることで
ちょうどのバランスがみつかると思うので
その上で作りなおしてみてください。
チェーン部分の長さを変えれば
なんとかなりそうですね。

すとーんとしたブラウスなどに
合せたらホントお似合いになりそう❤(K)

………………………………………………………………………………

 

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

 

 

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その13「Jupiter」「Klimtー絵画の世界へー」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その13です。


2017117193448.jpg

 

M.Nさん
(よみうりカルチャー自由が丘校)

 

【 Jupiter 】

2018316183945.jpg
ゴールドの枠の中に、クリスタルが入っている

不思議な形のパーツから『宇宙」のようなイメージを

感じ、そのイメージを作品に表現してみました。

 

チェーン部分は、惑星が通る軌道をイメージして、

ゴールドのナイロンコートワイヤーを

2連にして使用しました。

 

全てにビーズを通すのではなく、

あえてワイヤーそのものの素材を見せることで、

より自分が表現したいイメージに

近づけることができました。

 

ワイヤーに通しているビーズは、

明るいシルバー色やスクエアのクリスタルを

使うことで、主役のパーツとの

調和をはかっています。

またサザレ型のメタルビーズで

宇宙に漂う小惑星を表現しました。

 

クリスマスのような特別な日に、

ドレスアップして身につけたい

アクセサリーを作りたかったので、

夜のイルミネーションを見ながらの

ディナーなどにピッタリかなと思っています。

 

【感想】

はじめは、主役として選んだビーズから

感じ取れるイメージが曖昧だったため、

なかなか自分が表現したい作品が

つくれず大変苦戦しました。

 

その後、一度頭をリセットし、

ひたすらビーズを見つめ続けた結果、

自分が表現したいタイトルが明確となり、

その後はスムーズに作品を作ることが出来ました。

 

レッスンで学んだ「合うまで何度も往復する」ことの

大切さが実感できとても勉強になりました。

 

………………………………………………………………………………


最初のイメージの段階で、
私もお話を聞いていたのですが、
「宇宙」「SFっぽさ」という漠然としたものから
よくここまで形にされたと感心しています。
やはり良い感じのナイロンコートワイヤーという
素材を、あきらめずに見つけ出したことが
勝因でしょうか?

素材選びとその配置も考え抜かれていて
さらにそれを身に着けるシチュエーションまで
ぴったりと合っていて素晴らしいですね!(K)

………………………………………………………………………………

 

 

【  Klimtー絵画の世界へー 】

この作品は、義母への贈り物という

イメージで作りました。

 

2018316181455.jpg


私の義母は、品のある知的で素敵な女性で、

美術館などにもよく行っています。

ただアクセサリーを身につけることが好きではなく、

いつも黒を基調としたシンプルな服装です。

 

私は、いつも「アクセサリーをつけたら

もっと素敵なのに!」と思っていたので、

そんな母に美術館につけていってもらいたい

アクセサリーをイメージして作ってみました。

 

2018316181744.jpg

 

ゴールドを基調としたビーズBOXをながめていると、

有名な画家のKlimt(クリムト)が描いた

金色を大胆に使う作品が頭に浮かびました。

 

ネックレスは、リボンや、リーフ型の

メタルパーツを使用することで、

クリムトの絵画の華やかさの中に、

母の優しいイメージを取り入れてみました。

また、ゴールドの色味をやわらかくする為に、

金色のビーズの周りに

さりげなく刺繍糸を通しています。

 

2018316183923.jpg
また母がショートヘアの為、

リーフ型のマンテル、ビーズ刺繍などを使用し、

後ろから見た時のデザインにもこだわりました。

 

 

2018316183835.jpg

ブレスレットは、シンプルに刺繍糸を用いた

オールノットのブレスレットに仕上げました。

ネックレスとお揃いのリーフ型のバーツを使った

シンプルなブレスレットと重ね付けすると素敵です。

 

【 感想 】

自分が使うのではなく、誰か他の人が使うことを

想像しながらの作品づくりは、とても新鮮で

楽しかったです。母の人柄や好きな物などを想像し、

作成中すっと母に思いを寄せながら作成していました。

母の好みに合わせシンプルなデザインですが、

ビーズ刺繍など自分なりのこだわりを入れることで

自分にとってぐっと魅力的な作品になりました。

 

………………………………………………………………………………


特定の、人物をイメージしてアクセサリーを

制作するというのは、とても楽しいし、

勉強にもなります。

 

今回は、その人となりをきちんと理解した上で

その方の素敵な部分がさらに輝くように

ひとつひとつに意味を持たせてデザインされたところが

とても素敵だなぁと思います。

そして、それが決してバラバラにならず、

ひとつの作品としてしっかりまとまっているところ

そこが本当に素晴らしいですね。

 

中央のビーズから、

リーフのパーツ〜リボンへの流れが

とっても美しくてバランスが取れています。

ああ、それにしても、

こんな可愛いお嫁さん欲しいなぁ。

息子もいない私ですが。(K)


………………………………………………………………………………

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

 

 

 

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その12「ボタニカル・ゴシック」「ウィンター・ブルー&グレー」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その12です。


2017117193448.jpg

 

N・Mさん
(NHK学園市川オープンスクール)

 

「ボタニカル・ゴシック」

青地に黒い模様のボタンのようなビーズに惹かれて
ビーズボックスを選びました。
そのビーズから瞬時に浮かんだタイトルです。

 

<ウィンター・ブルー>

20183623361.jpg

201836233536.jpg
テーマそのものの青地に黒模様の
ビーズは存在感があるので、
あまり手を加えず、良さを出したいと思いました。

初めは、ボックスに入っていた黒リボンや、
黒レースと合わせてブローチにしようと
思っていましたが、いざ形にしてみると
思っていたようなイメージにならず・・・。
何度も試行錯誤を繰り返し
(レースもずいぶん無駄にして)
トライしましたが納得いかず。

自分はどうしたいのか再確認したところ、
「黒でこのビーズを縁取りたい」のだということに気付き、
ならばと思い切ってリボンやレースのことは忘れ、
黒いシードビーズでフレーミングすることにしました。
フレーミングも寸法を決めるだけで丸一日かかりましたが、
極めてシンプルながらも
主役ビーズを引き立たせることには成功したかなと思っています。

ブローチにするか、チョーカーにするか迷いましたが、
ボックスのリボンを使って、チョーカーにしました。

 

………………………………………………………………………………


「自分はどうしたいのか再確認した」とのこと。
ここ、オリジナル作品を作る上で
とっても大事ですよね。

今自分が向き合っているものと
自分の想いを何度も往復させる
この作業が無いままで作ってしまう方が
本当に多いと思います。

今回の「ボタニカルゴシック」というテーマ、
まさにこのフレーミングでばっちり表現できたのでは?
(K)

………………………………………………………………………………

 

 

 

201836233910.jpg201836233932.jpg

バレッタは、大ぶりのビーズだけを使いました。
あまり悩むことなく、デザインもすんなり決まりました。
バレッタ台の寸法に合わせるために、
小さいパーツを足したり引いたりする部分は苦労しました。
ゴシック調のレースたっぷりのドレスにも負けない、
存在感あるヘアアクセになったかなと思います。
(娘の髪を借りましたがヘアメイクが下手でスミマセン)

 

………………………………………………………………………………


実物も拝見しましたが、
まるでデパートで販売されているような完成度!

デザインの素敵なことはもちろんですが
ビーズがきっちり土台に固定されていて
まったくグラグラしていない。
そして髪につけた時のこのバランス感!

これこそ、本当に「使える」作品ですね。
素晴らしいです!(K)

………………………………………………………………………………

 

 

201836234756.jpg

 

 

ピンブローチは、バレッタを作る際に
ひとつ残ってしまったブルーのビーズを生かすために作りました。
中央に据えて、周りを十字に取り囲むようにして、
ゴシック感を出してみました。
キラキラ感を抑えるために、
土台のすかしパーツを裏返しにして使いました。
(本当はブローチ金具もいぶし銀みたいなものが欲しかったです)

 

………………………………………………………………………………


中央が立体的に盛り上がっていて
こちらも非常にキッチリ作られた良い作品でした。

透かしパーツの色合いを出すために裏返して使う
という斬新かつ柔軟なアイデアが素晴らしいです。

こんな風に頭を柔らかく使えるのがさすが!(K)

………………………………………………………………………………

 

<ウィンター・グレー>

201836234850.jpg201836234912.jpg
グレー調の細かいビーズたちを使って、
植物のつるが絡まる雰囲気のネックレスを作りました。
ビーズが足りなかったので、
半分はデザインチェーンを使いました。
ビーズ部分とチェーンのつなぎに、
お花っぽいつなぎパーツを使いました。

シードビーズと竹ビーズの数の調整が難しく、
ちょっと収まりが悪くなってしまいました(要改善)

ところどころに、葉っぱのメタルビーズを入れましたが、
出来上がってみたら全然主張してないので、
無くてよかったなと思いました・・・。
普段使いに便利そうなネックレスになりました。

………………………………………………………………………………


なるほど。ご自分できちんと反省点もみつけていらして
次につながりそうな作品になりましたね。

葉っぱのメタルがいらなかったとのことですが
私が最初にこの実物を拝見したときに
この葉っぱのパーツが、バラの茎のトゲのように見えましたよ。
タイトルがなくとも、そう見えるなんて
すごいことです!(K)

………………………………………………………………………………

 

 

201836234946.jpg

ピアスは、それぞれに存在感ある
ビーズと透かしパーツをそのまま繋げました。

 

一目ぼれした青地に黒模様のビーズ。
存在感があるだけに、生かすのがとても難しいです。
頭でイメージしたのと、実際に形にしてみるのとでは、
なかなか同じにはならないなと実感。
思うような材料(レースやリボン、他)を探すのも、
楽しいながら大変でした(そして結局使わないという)

「ボタニカル・ゴシック」というタイトルですが、
今一つ、ボタニカル感が少ないなと思っています。
レッスンで覚えた技法を取り入れるなどして、
もう少し、研究したいなと思っています。

常々、アクセサリーは合わせる洋服を想定して作っています。
今回は「ゴシック」ということで、
娘の手持ちのゴスロリ服をイメージして作りました。
お洋服には合いそうですが、
娘が使ってくれるかどうかは疑問です(笑)

 

………………………………………………………………………………


キットを作るのとは全く違って
材料集めや組み合わせ、本当に大変ですよね。
そんな中で妥協しないで
自分の想いをきちんと形にしてくださって
頭が下がります。

ボタニカル感をもう少し足すのであれば
例えば青地のビーズに描かれた黒い植物のような
モチーフ。この模様がまるで外に出てきたかのように
黒のシードビーズなどで表現してみては
どうでしょう?

またこのあと足したり変更したりできるのが
ビーズクラフトの良いところなので
ぜひお嬢さんのご意見も聞きながら
研究をつづけてくださいね。(K)

………………………………………………………………………………

 

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

 

 

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その11「アジアンフォレストネックレス」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その11です。


2017117193448.jpg

 

E・Mさん
(ヴォーグ学園横浜校)

「アジアンフォレストネックレス」

201834194844.jpg
アジアの森の遺跡の中にある秘宝を
イメージしてみました。
一つ一つのビーズが個性的なので、
ペンダントにしてシンプルに仕上げてみました。

………………………………………………………………………………


画像が少々不鮮明なのが残念ですが
3つの個性の強いビーズを
うまく組み合わせていますね。

一番上のビーズと紐をつなぐ部分の丸カンが
2重になっているところを
私は見逃しませんよ!
こういうところに拘りを見せることが
とっても大事です。
紐の先にぶら下げた小さなビーズも
キュートですね!(K)

………………………………………………………………………………

 

 

201834195114.jpg

アジアの熱帯雨林の雨のイメージ
竹ビーズを主役にネックレスを作ってみました。
単調にならないようにビーズの配置に工夫をいたしました。

………………………………………………………………………………


おっしゃる通り、中央の5つだけ
上の部分にもビーズを配置したことで
リズミカルなデザインが生まれています。

よく見ると長い竹ビーズが4本ぐらい束になっていますが
1本では心もとない雰囲気になっていたところを
こういう工夫で立体感が出せていますね。

とってもお洒落!(K)

………………………………………………………………………………

 

 

201834195321.jpg


アジアの森の中にある遺跡のイメージ
緑、密集→森、メタルパーツ→遺跡を表現。
途中2連にし、ボリューム感をだす工夫をしてみました。

………………………………………………………………………………


この作品はレッスン中にも制作過程を拝見して
さまざまな形のビーズたちも密集感が
デザインの肝かもしれないという結論になりました。

ビーズの間を空けないように密集させることで
森に鬱蒼と生える植物たちや
そこに現れる遺跡の雰囲気もきちんと出せていますね。
さらにチェーンを2重にして念には念を…。
素晴らしい仕上がりになりました。(K)

………………………………………………………………………………

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

 

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その10 「コロコロ、ボール遊び」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その10です。


2017117193448.jpg

 

新米あやこさん
(ヴォーグ学園校横浜校)

 

「コロコロ、ボール遊び」

201831231726.jpg

ボールがコロコロと動きのある、
揺れるものを作りたかった。

感想: 技術がまだまだですが、
自分がつけたいものを作ろうと思いました。
楽しかったです。

 

………………………………………………………………………………

そうですそうです!
作りたいもの、身に着けたいものを
どんどん作っていくのが
一番の上達の早道。

コロコロ…
遊び…
こんな楽しいテーマも
いつも大らかな雰囲気の
あやこさんそのものですね。

大粒のラウンド型のビーズを
リズミカルにポンポンと配置して
チェーンとのバランスもばっちりです。



201831232328.jpg↑レッスン時に見せていただいた
コロコロブローチ。
このさりげなさ!
ものすごく素敵です。


もう少し密集させた感じにしたかったとのこと。
パーツをぶら下げたピンの部分に
まだ空きがあるところが問題かもしれません。
なので、ここに空の丸カン
(今回は丸カン代わりにつかっているチェーンの輪)を
隙間なくぶらさげると、パーツとパーツの間が
埋まって密集感が出せますよ。

こういうことも、いろいろやっていく中で
アイデアを学んだり浮かんだりしますので
もっともっと数をこなしていきましょうね!(K)

………………………………………………………………………………

 

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

 

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その9「冬を纏う~凛々と」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その9です。


2017117193448.jpg

 

Y・Sさん
(ヴォーグ学園東京校)

「冬を纏う~凛々と」

2018226223127.jpg
厳しい寒さの中でも、
背筋を伸ばして シャキッと歩く姿。
ピンと張った空気感を纏う
大人のカッコいい女性を イメージしました。



<ロングネックレス>

2018226223222.jpg
2・3・4重と 長さを変えて
楽しめる ネックレスです。

 

2018226223345.jpg
こだわった点は、
長さ・シードビーズの色・金具の三点です。

作りながら、何度も 首に巻いて確かめ、
金具を含めて 184㎝の長さに
たどり着きました。ぐるぐる10回手首に巻いて
ブレスレットにもなる長さです。


ランダムにビーズを繋げた部分は、
ビーズboxの中にあり、今回のネックレスの
イメージの元になったもので、ここが主役。

脇役になる長さを作るビーズは、
一つはカットの綺麗なシルバーシードビーズにし、
もう一ヶ所に2色のグレーと1色のクリアビーズで、
違うキラキラ感になるようにしました。
金具は他のビーズと 溶け込むように
マグネットタイプを 探しました。

 

………………………………………………………………………………


これ!実物を手に持った時の
流れるような美しいライン!
テグスの1本どりで出来ているということですが
その引き締め具合が絶妙すぎました!

まっすぐの1本のラインでこれだけ美しく見せられる
ということは、ビーズの配置、長さ、糸の引き締め
などなど、細かい微調整の繰り返しがなせる技。
究極なまでのシンプルさがいかに難しいか
そしてそれがばっちり決まった今回は、
最高の作品に仕上がりましたね。(K)

………………………………………………………………………………




<ブレスレット&ピアス>

2018226223725.jpg
じゃらじゃらと 音がするような
ボリュームのあるブレスレットが
欲しいと思っていたので…
今回のboxに たくさんのグレーの
プラスチックビーズを見つけた時は
ピンと来ました❗


ですが、他に何を合わせるか…
そこからが、一向に進みませんでした。
シルバーのメタルビーズか、
プラスチックパールか、グレー系のチェコビーズ…
同boxにあったクリアビーズ…
どれも最終的に<凛々と>というイメージに
合わないと断念。

前回のboxで使わなかった雫型ビーズが、
光に翳すと、とっても雰囲気のある透明感が
あることに気づき、メガネ留めにして、
丸カンで加えました(4ミリのチェコビーズも)。
ビーズを付けすぎないこと、
土台のチェーンを2本にして
ビーズの接地面を増やし 動きも考えました。

ブレスレットで使わなかった
プラスチックパールと チェコビーズを
どうしても使いたくて
ピアスを もう一点作りました。


 

………………………………………………………………………………


このビーズ、今回のお弁当箱には
他の色合わせの箱にも沢山入れたのですが
皆さんどんな風にお使いになっているでしょう?

色も地味でしかもアクリル製。
なかなか見せ場が無さそうな素材。


であれば、数で勝負!!
先端に小さなシルバーの粒を光らせて
それが集まることでキュートな
雰囲気を演出できますし、
Sさんが悩んだ末、たどり着いた
ブルーの雫のビーズが
溶け込みながらもちょうどよいアクセント
となって、絶妙な取り合わせとなっています。

アクリルだから、これだけ集めても
軽くて良いことずくめ。

とかくデザインを素材のせいにしてしまいがちな
私たちですが、こんな風にビーズの特徴(良いところ)
を見つめて 生かして 使いきる。
それこそが良いデザインを生み出す
秘密なんですよね。(K)

………………………………………………………………………………
 


<ブルーのピアス>

2018226224158.jpg

今回のビーズboxに決めたきっかけになった
ひとめぼれしたビーズ。コロンとした形
ブルーにリバティプリントのような柄。
そこから、冬のピンとした冷たい空気感を想像し、
クールなカッコ良さと、
大人の包容力をイメージしました。
これだけで金具を付けてピアスになるのですが、
何か物足りない気がして…。
でも、手を加えるとイメージから 遠退くような気も…。

そのせめぎ合いから、黒のパーツが浮かび、
ペーパービーズで作ってみました。

今は、これで <凛々と>のイメージで
完結したと思っているのですが…
また、シンプルに金具に付けただけに
戻してしまうかもしれません。
先生、ご助言お願いいたします。



………………………………………………………………………………


なるほど。私にもひとつお題をいただきました。
フラワープリントみたいな大きな丸いビーズに
何を合わせるか…。それが問題ですね。

今回、冷たい空気感、クールなかっこよさ、
大人の包容力…そんなイメージに対して選んだ
黒という色、逆三角形の形というのは
ベストのチョイスですね。
それを表現するのにペーパービーズを
自分で作ってしまおう!という発想も
素晴らしいです!

もし他の手があるとしたら・・・
私だったら、上の丸と下の逆三角の素材感の
違いを「なじませる」と良いのではないかと
思います。

例えば逆三角形の部分を
もう少しツルっとした素材のビーズに変えてみる。
ただ、ペーパービーズの温もりのようなものも
「大人の包容力」というテーマに通じますので
何かディスク型のような小さなビーズを
ペーパーで作り、
丸と逆三角形の間に挟むとか…。

もしくは、逆三角形にペーパーをもってくるなら
丸ビーズの上部にもペーパーの何かを
配置して挟むとか…。

「素材のテクスチャー」ということに
着目してみてはどうでしょう?(K)

………………………………………………………………………………

 

今回の作品作りにあたっては、
レッスンで記入した デザインの練習シートが
とても役に立ちました。行き詰まると
最初の気持ち、書き記した言葉に たち戻り、
見返しながらなんとか作品にすることができました。

オリジナル作品への壁は、私にとっては、
まだまだ高く急なもので、乗り越える作業は
苦しかったのですが、出来上がった作品を見ると
どれもいとおしくて
格別な愛着を感じています。

もっともっと デザインの筋肉をつけたいと思います。

これからも ご指導よろしくお願いいたします。

 

………………………………………………………………………………


いつもレッスンの課題に真摯に向き合ってくださって
(向き合う努力を惜しまない姿勢でいてくださって)
私も本当に嬉しいですし、準備のし甲斐があります。
デザインの筋肉というのは
やはり日々のちょっとした努力
なんですよね。
知らず知らずのうちに良い筋肉がつくように
仲間と一緒に楽しみながら
頑張りましょうねー!(K)

………………………………………………………………………………

 

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

 

 

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その8「ベルと野獣のダンス」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その8です。


2017117193448.jpg

 

HIROさん
(ヴォーグ学園横浜校)

 

 「ベルと野獣のダンス」

2018226124036.jpg

金色(黄色)と青い色の組み合わせが
美女と野獣の映画のダンスシーンを連想させる。

金色の華やかさと派手な感じと
深い青のバランスを考えました。

Y字になってるところに
青い花を垂らしたのがポイントです。
 
最初普段使いにしようと思いましたが、
作っていくうちに華やかさが良いと思い変えました。
 
 
 ………………………………………………………………………………


10月期から初参加のHIROさんが
果敢に取り組んでくださった
オリジナル作品です。

華麗な大広間で
イエローゴールドのドレスと
ロイヤルブルーの上着を着た王子が
踊っているような瞬間が
きちんと表現されていますね。

おっしゃる通り
普段使いと言うよりは
華やかなシーンが似合う
テーマ選びなので
ここは目的をチェンジされたのが正解。

こういう時にいつまでも
ふだん着に、カジュアルに…と
頑なにイメージを変えないでいると
思った通りのものが仕上がりません。
そのあたりの考え方を柔軟にする練習も
きちんと習得されて素晴らしいです!

リボンの先端についた紐留めの先に
何か余ったビーズでTピンパーツにして
ぶら下げるとさらに
バランスが良くなるかもしれませんよ。(K)


………………………………………………………………………………

 
 

「玉乗り」左
陶器のパーツを活かして
ちょっと上品な感じにしました。

 
 
「一輪の花」 右
深い青色の花の可憐な感じに
一粒のしずくの輝きを足しました。
 
 
2018226124146.jpg
 
こちらの2点はシンプルですが、普段使いに良さそうです。
 
反省点はグレーのビーズが入っていましたが、
うまく使えませんでした。
あと、ヒモ留めに接着剤使いましたが、
広がってヒモが濡れたみたいになってしまいました。
 
 ………………………………………………………………………………


最初の華やかなネックレスに対して
こちらは普段使いという目標に忠実に
シンプルに仕上げたところがGOOD!

ペンダントトップに使ったパーツは
それぞれにキャラの濃いパーツなので
これぐらいの引き算のデザインが
ベストバランスですね。

青いお花に添えられたブルーのビーズなど
ちょっとした工夫にセンスが感じられて
本当によくまとまっています。

こういう仕上げ方は実はとっても難しいです。
初心者のうちから着実にステップアップされていて
これからの制作も楽しみですね。(K)

………………………………………………………………………………

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

 

 

 

loading...

月別アーカイブ

ページ上部へ