ホーム>ビーズカフェブログ>ブログ作品展>beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その9「冬を纏う~凛々と」
ビーズキットと楽しいビーズ教室 beads cafe

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その9「冬を纏う~凛々と」

beads cafeレッスン生による 「ブログ作品展2018」 その9「冬を纏う~凛々と」

各地のbeadas cafe レッスンで行った

「beads boxからオリジナル作品をつくる」

という課題を提出してくださった

生徒さんの作品、ブログ展覧会 その9です。


2017117193448.jpg

 

Y・Sさん
(ヴォーグ学園東京校)

「冬を纏う~凛々と」

2018226223127.jpg
厳しい寒さの中でも、
背筋を伸ばして シャキッと歩く姿。
ピンと張った空気感を纏う
大人のカッコいい女性を イメージしました。



<ロングネックレス>

2018226223222.jpg
2・3・4重と 長さを変えて
楽しめる ネックレスです。

 

2018226223345.jpg
こだわった点は、
長さ・シードビーズの色・金具の三点です。

作りながら、何度も 首に巻いて確かめ、
金具を含めて 184㎝の長さに
たどり着きました。ぐるぐる10回手首に巻いて
ブレスレットにもなる長さです。


ランダムにビーズを繋げた部分は、
ビーズboxの中にあり、今回のネックレスの
イメージの元になったもので、ここが主役。

脇役になる長さを作るビーズは、
一つはカットの綺麗なシルバーシードビーズにし、
もう一ヶ所に2色のグレーと1色のクリアビーズで、
違うキラキラ感になるようにしました。
金具は他のビーズと 溶け込むように
マグネットタイプを 探しました。

 

………………………………………………………………………………


これ!実物を手に持った時の
流れるような美しいライン!
テグスの1本どりで出来ているということですが
その引き締め具合が絶妙すぎました!

まっすぐの1本のラインでこれだけ美しく見せられる
ということは、ビーズの配置、長さ、糸の引き締め
などなど、細かい微調整の繰り返しがなせる技。
究極なまでのシンプルさがいかに難しいか
そしてそれがばっちり決まった今回は、
最高の作品に仕上がりましたね。(K)

………………………………………………………………………………




<ブレスレット&ピアス>

2018226223725.jpg
じゃらじゃらと 音がするような
ボリュームのあるブレスレットが
欲しいと思っていたので…
今回のboxに たくさんのグレーの
プラスチックビーズを見つけた時は
ピンと来ました❗


ですが、他に何を合わせるか…
そこからが、一向に進みませんでした。
シルバーのメタルビーズか、
プラスチックパールか、グレー系のチェコビーズ…
同boxにあったクリアビーズ…
どれも最終的に<凛々と>というイメージに
合わないと断念。

前回のboxで使わなかった雫型ビーズが、
光に翳すと、とっても雰囲気のある透明感が
あることに気づき、メガネ留めにして、
丸カンで加えました(4ミリのチェコビーズも)。
ビーズを付けすぎないこと、
土台のチェーンを2本にして
ビーズの接地面を増やし 動きも考えました。

ブレスレットで使わなかった
プラスチックパールと チェコビーズを
どうしても使いたくて
ピアスを もう一点作りました。


 

………………………………………………………………………………


このビーズ、今回のお弁当箱には
他の色合わせの箱にも沢山入れたのですが
皆さんどんな風にお使いになっているでしょう?

色も地味でしかもアクリル製。
なかなか見せ場が無さそうな素材。


であれば、数で勝負!!
先端に小さなシルバーの粒を光らせて
それが集まることでキュートな
雰囲気を演出できますし、
Sさんが悩んだ末、たどり着いた
ブルーの雫のビーズが
溶け込みながらもちょうどよいアクセント
となって、絶妙な取り合わせとなっています。

アクリルだから、これだけ集めても
軽くて良いことずくめ。

とかくデザインを素材のせいにしてしまいがちな
私たちですが、こんな風にビーズの特徴(良いところ)
を見つめて 生かして 使いきる。
それこそが良いデザインを生み出す
秘密なんですよね。(K)

………………………………………………………………………………
 


<ブルーのピアス>

2018226224158.jpg

今回のビーズboxに決めたきっかけになった
ひとめぼれしたビーズ。コロンとした形
ブルーにリバティプリントのような柄。
そこから、冬のピンとした冷たい空気感を想像し、
クールなカッコ良さと、
大人の包容力をイメージしました。
これだけで金具を付けてピアスになるのですが、
何か物足りない気がして…。
でも、手を加えるとイメージから 遠退くような気も…。

そのせめぎ合いから、黒のパーツが浮かび、
ペーパービーズで作ってみました。

今は、これで <凛々と>のイメージで
完結したと思っているのですが…
また、シンプルに金具に付けただけに
戻してしまうかもしれません。
先生、ご助言お願いいたします。



………………………………………………………………………………


なるほど。私にもひとつお題をいただきました。
フラワープリントみたいな大きな丸いビーズに
何を合わせるか…。それが問題ですね。

今回、冷たい空気感、クールなかっこよさ、
大人の包容力…そんなイメージに対して選んだ
黒という色、逆三角形の形というのは
ベストのチョイスですね。
それを表現するのにペーパービーズを
自分で作ってしまおう!という発想も
素晴らしいです!

もし他の手があるとしたら・・・
私だったら、上の丸と下の逆三角の素材感の
違いを「なじませる」と良いのではないかと
思います。

例えば逆三角形の部分を
もう少しツルっとした素材のビーズに変えてみる。
ただ、ペーパービーズの温もりのようなものも
「大人の包容力」というテーマに通じますので
何かディスク型のような小さなビーズを
ペーパーで作り、
丸と逆三角形の間に挟むとか…。

もしくは、逆三角形にペーパーをもってくるなら
丸ビーズの上部にもペーパーの何かを
配置して挟むとか…。

「素材のテクスチャー」ということに
着目してみてはどうでしょう?(K)

………………………………………………………………………………

 

今回の作品作りにあたっては、
レッスンで記入した デザインの練習シートが
とても役に立ちました。行き詰まると
最初の気持ち、書き記した言葉に たち戻り、
見返しながらなんとか作品にすることができました。

オリジナル作品への壁は、私にとっては、
まだまだ高く急なもので、乗り越える作業は
苦しかったのですが、出来上がった作品を見ると
どれもいとおしくて
格別な愛着を感じています。

もっともっと デザインの筋肉をつけたいと思います。

これからも ご指導よろしくお願いいたします。

 

………………………………………………………………………………


いつもレッスンの課題に真摯に向き合ってくださって
(向き合う努力を惜しまない姿勢でいてくださって)
私も本当に嬉しいですし、準備のし甲斐があります。
デザインの筋肉というのは
やはり日々のちょっとした努力
なんですよね。
知らず知らずのうちに良い筋肉がつくように
仲間と一緒に楽しみながら
頑張りましょうねー!(K)

………………………………………………………………………………

 

 

201822165255.jpg

ぞくぞくと作品が集まっています。

随時更新中…

201711717627.jpg

 

各地のbeadas cafe レッスンに

参加してみませんか?

2018年4月期の募集スタートしました!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.beadscafe.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3417

loading...

月別アーカイブ

ページ上部へ